インプラントimplant

インプラント

インプラントのご案内

健康な歯は、食べることや話す事にとても重要な役割があります。
また、美しい歯は、あなたの魅力の一部となる口もとの表情を決めます。
そして、しっかり噛む事は重大な病気を防ぐことも分かっています。
そんな大事な歯がなくなってしまったら、いったいどうなるでしょう。
インプラントはしっかり噛める、見た目も自然、そして、これ以上削らなくてもいい。
インプラント治療は、失ってしまった歯を補う最良の方法と考えられます。

インプラントとは

金沢文庫 いいだか歯科 インプラント 術式模型図
インプラントとは、歯が抜けて無くなった部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて、噛む機能を回復する治療法です。


インプラント(人工歯根)とは歯が抜けてしまったところにネジを 打ち込んで、しっかりと顎の骨と固定したその後に、ネジを土台にしてその上に人工の歯を装着する方法です。

なぜインプラント?

例えば、保険治療では1本歯が抜けると、両隣の健康な歯を削り、3本分の被せものを作ってブリッジ(橋)をするのが一般的です。
その結果、大きな荷重がかかる方の支台歯がぐらついてきて、やがて抜けてしまうのです。

ブリッジの平均的な寿命は約7年と言われています。

そして、今度は4本分のブリッジを作ります。
こうして次々に隣の歯が抜けていく可能性が高いのです。

やがて、ブリッジではなく、部分入れ歯を作ることになります。
しかし、部分入れ歯はバネが見え審美的に悪いだけでなく、バネをつける歯がむし歯にかかりやすくなる、安定した噛み心地を保ちにくい、不潔になりやすく口臭の原因になるなど、さまざまな問題点があるのです。

インプラント治療であれば、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
また、自然に食べ物を食べることができ、レントゲンを撮らなければ人口の歯とは分かりません。

さらに、定期的に正しいメンテナンスをすれば、長期間使用できます。

インプラント治療の特徴

  • 固定式であるためガタガタしたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

  • 天然の歯と区別が難しいほど、自然な出来上がりです。

  • ブリッジのように他の歯を削らないので、残っている歯に負担をかけません。

  • 強固に骨と一体化するので、しっかり噛めるようになります。

  • チタン合金です。生体親和性が高く、アレルギーにもなりにくい素材です。

  • 外したりせずに、自分の歯と同じように歯磨きできます。
    家族の前でも入れ歯を外すような事はありません。

  • 正しいメンテナンスをすれば、長期(10年以上)の持続が可能です。

インプラントはしっかり噛め、見た目も自然。そして、ブリッジにするために隣の歯を削らなくてもよいのです。
インプラント治療は、失ってしまった歯を補う最良の方法と考えられます。

従来の治療法とインプラント治療法との比較

従来の治療法

ブリッジ
金沢文庫 いいだか歯科 インプラント ブリッジ

【メリット】

保険を適応しての治療が可能。※入れ歯と比べ、費用がかかる
入れ歯と比べて異物感が少なく、噛みやすい

【デメリット】

両隣の健康な歯を削らなければならず、入れ歯同様土台の歯に負担がかかることとなり、健康な歯の寿命を縮める恐れがある

入れ歯
金沢文庫 いいだか歯科 インプラント ブリッジ

【メリット】

保険を適応しての治療が可能。
外科治療が不要
インプラントと比べて短い治療期間で完成

【デメリット】

毎日のケアが必要となる
ものによって熱の伝導性が低かったり、異物感が生じる

インプラント治療法

インプラント
金沢文庫 いいだか歯科 インプラント ブリッジ

【メリット】

天然の歯と同じ感覚で噛むことができる
天然の歯と遜色のない高い審美性がある
周りの歯を傷つけない
インプラントがあごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防ぐことができる

【デメリット】

手術が必要
診査の結果、インプラント治療が行えない場合がある
一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高い

歯が1本抜けた場合
【従来の治療法】
ブリッジの支台とするために、両隣りの歯を削ります。
【インプラント治療】
顎の骨にインプラントを取り付けるため、歯を削る必要はありません。
奥歯が数本抜けた場合
【従来の治療法】
金具に異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。
【インプラント治療】
入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。
歯が全部抜けた場合
【従来の治療法】
入れ歯が口の中で動いてしまい、噛みづらい・話しづらいなどの不便さを感じることがあります。
【インプラント治療】
インプラントにより、人口の歯をしっかりと固定できるので、見た目も気にせず食事や会話を楽しむことができます。

インプラント治療の流れ

ステップ 1カウンセリングと検査

インプラントについての説明や、治療が可能かどうかレントゲンを撮り検査します。

ステップ 2インプラント埋入

インプラントを顎の骨に埋め込みます。
麻酔を行いますので安心して手術を受ける事ができます。

ステップ 3治療期間

一次手術後、3〜6ヶ月の治療期間をおくことで、インプラントを骨が強い力で結合します。

ステップ 4上部構造の設置(二次手術)

歯茎を開いて人工の歯を取り付ける準備をします。
この状態で1〜6週間おきます。

ステップ 5人工歯の装置

歯茎が治った時点で型を取り、患者さんにあった人工歯を作りインプラントに取り付けます。

ステップ 6メンテナンス

定期検診を行い、お土の中を衛生的に保つ事によりインプラントを長持ちさせる事が出来ます。

1日インプラント All-on-4(オールオンフォー)

金沢文庫 いいだか歯科 インプラント All-on-4(オールオンフォー)
All-on-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8〜14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。

そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。

All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最小4本*のインプラントですべての人工の歯を支えることに成功。上記のような不安要素を解消することができました。手術や費用の負担を必要最小限に抑えた新しいインプラント治療法-それがAll-on-4です。

*顎の骨の状態によってはインプラントの本数が多くなることもあります。

1日インプラントとは?

All-on-4は埋め込むインプラントの数が少ないため、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで1日でおこなうことが出来ます。

つまり今まで使用していた歯や入れ歯が、手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。

総入れ歯でお困りの方は一度ご相談ください。

インプラントQ&A

  • インプラントので使用する素材は何ですか?

    体となじみの良いチタンを使用しています。

    インプラントは、人工関節など幅広い分野で使用されているチタンを使用し、骨となじみをよくするために表面処理を行った生体親和性の非常に高い材料です。

  • インプラントはどれくらい長持ちしますか?

    長持ちさせるためにも、定期的にお手入れをしてあげてください。

    ご自分の歯と同じように、インプラントを長持ちさせるためにも毎日お手入れしましょう。
    正しいブラッシング方法の指導を受けご自宅で行い、半年に一度は必ず歯科医院へ定期検診にご来院ください。

  • 手術後にはどういうことに注意すればいいですか?

    手術後、歯科医師の指示に従って安静にし、数日間はお食事にもご配慮ください。

    麻酔が切れた手術後の数日間は痛みや腫れが出ることがあります。
    その期間中は安静にするほか、食事もなるべく固い物を避けるなどご配慮いただくようにお願いしております。

アクセス

〒236-0042
神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-11-14MKビル201号
TEL:050-5264-5278 TEL:045-783-6618

診療時間

平日
9:00〜13:00/14:30〜19:00
土曜
9:00〜13:00/14:00〜17:00

休診日
日曜・祝日